樹状細胞ワクチン療法のパイオニア、テラ株式会社が免疫細胞の受託製造を始めます

テラ株式会社は2004年の設立以来、
「医療を創る」を企業理念に、樹状細胞ワクチン療法を中心に、
がんに対する免疫細胞療法の研究・開発を進め、
医療機関に技術提供を行ってまいりました。

当社では、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に基づき、
樹状細胞、NK細胞、活性化リンパ球などの
免疫細胞をはじめとする特定細胞加工物の製造開発受託を
2018年から開始する計画で、現在準備を進めております。

製品、導入に関する詳細は、2018年夏に公開予定です。
メールアドレスをご登録いただいた方へは
事前にご案内いたします。